希学園の文化祭ツアー

関西系の進学塾が難関私立中学の「文化祭ツアー」に力を入れている。子どものやる気を引き出すのが狙いで、1校に300人を連れて行くところもある。関東系の塾で文化祭に引率する例はほとんどなく、専門家は「そこまでやるか、というのが関西流」と指摘する。

3日、1万人前後が訪れた神戸市東灘区の灘中学・高校の文化祭。小、中学生と保護者の姿が目立つ。派手な光を放つ「化学マジック」、教室一つをそっくり占領した鉄道模型のレイアウト、カメの解剖実験……。教室内での発表が人気を集めていた。

「発想がすごい」。声を上げたのは進学塾「希(のぞみ)学園」(本社・大阪市淀川区)に通う小学6年の中木君。数学研究部の高校1年の部員に部のオリジナル問題の解き方を教わり、感激した様子だった。 やはり6年の荒木君も「全然わからない」と言いながら、生物研究部のクイズに夢中になっていた。

「この『あこがれ』が大事なんです」。引率していた講師の黒田耕平さん(32)はうなずきながら話した。

希学園はこの日、関西一円の教室に通う小学5、6年の塾生約300人を連れてきた。「雰囲気が『行きたい』という気持ちを強くさせる。塾生の志望校の文化祭は可能な限り行く」と入江一郎副学園長。神戸女学院(9月)、大阪星光学院(11月)など関西の中学だけでなく、東京の教室も麻布(5月)や開成(9月)などへ行く。東西合わせて毎年十数の中学の文化祭に引率する。


PAGE TOP