中学受験指導の理想型「NOZOMI 2011」

希学園では中学受験指導のさらなる理想型を目指して、2011年2月より関西圏各教室にて新指導システム「NOZOMI 2011」をスタートさせると発表しました。

希学園の新指導システム「NOZOMI 2011」では、最難関校だけでなく、受験生が希望する受験校すべてに合格するために、コースを大きく3つに分割して希学園オリジナルテキストや授業、時間配分などすべてを再検討し、指導を行うものです。

つまり、「灘中学を目指せ!」というたった1つの掛け声だけでなく、いろいろな中学があるよ、自分にあった中学を目指そうへの転換ともいえます。

浜学園に生徒数と合格実績で圧倒的な差をつけられた今、希学園は「合格率」にこだわっています。「合格率こそが、塾の品質をはかるものさし」だとも言っています。

希学園にとって灘中学を目指す層だけを相手の塾経営はもはや成り立たない。3つの基本コースを新たに設置し、それぞれに異なったカリキュラム、テキスト、授業時間、授業形態を設定し、無理のない、無駄のない中学受験環境の実現。

あなたは度のコースを選択しますか?

3つのコースは、それぞれ
【希学園 Pコース】
対象校:灘、甲陽学院、東大寺学園、洛南高附属(女子)
最難関中合格に向けた無駄のない最善のカリキュラムと指導

【希学園 Cコース】
対象校:大阪星光学院、西大和学園、洛星、六甲、神戸女学院、四天王寺、洛南高附属(男子)、清風南海、白陵、須磨学園
理想を追求した指導方法で確実な学力養成を行い、難関中合格を勝ち取る!

【希学園 Lコース】
対象校:関西学院、関大系列、同志社系列、立命館系列、高槻、清風、明星、神戸海星女子、甲南女子、親和、金蘭千里、大阪桐蔭、帝塚山、その他難関中
無理のない学習リズムで、より着実な学力を身につける!


PAGE TOP