希学園は有名国立・私立中学受験を専門とする進学塾

希学園とは?

希学園は有名国立・私立中学受験を専門とする進学塾。

学園長はいわずと知れた前田卓郎氏。

希学園では入試前になると、「克己」と書かれたはちまきを締めて授業を受ける塾生が多くなり、この風景はテレビなどでも頻繁に紹介されて有名である。


従業員数:  200名(アルバイトは除く)
生徒数:  3,189名
 ※2005/4/1現在
売上高:  16億5000万円(2002年度3月期)
26億9500万円(2009年度3月期)
26億8700万円(2008年度3月期)

本部の所在地は大阪市淀川区十三本町。
2004年、東京へ進出し、東京本部は渋谷区恵比寿南。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、1992年、浜学園内部で公然と「専任講師不要論」が飛び交うのに反発し、有名講師陣を中心に独立し希学園を設立。

これに対し浜学園は生徒名簿持ち出し・教材の盗用の二点を中心にして裁判所に訴え、マスコミを巻き込み当時大問題となったことをご記憶の方も多いでしょう。裁判では浜学園は勝訴。

「専任講師不要論」に反発して設立された塾だけに、専任講師の比率は非常に高く、非常勤講師も厳しいセレクションとカメラによる授業チェック、生徒のアンケートなどを通らねば授業への就任が許されない。

教科専属の専任講師による質の高い授業とクラス担任制度及びチューター制による手厚い指導が希学園の大きな特徴で、ハイレベルの講義を 30名~40名のクラスで実施している。

小6になるとクラス担任に代わり、チューター制度という担任制度が取り入れられる。

これは専任講師が塾生一人一人に対して担当につき、電話・交換ノート・個別相談を中心に勉強方針の徹底を図ることで教科間の連絡を取り個別指導に役立てるもので、志望校合格に向けて生徒の精神的支柱ともなる。

希学園はライバル浜学園を破り灘中学校合格者数日本一を度々達成するなど、関西の有名私立中学を中心に実績を上げている。なお、2004年、2005年、2006年は、浜学園に灘中学合格者数日本一の座を奪われている。

中学受験の塾疲れが心配というお母さんからの相談

算数の応用問題になると解けない。どうしたらいいの?

記事を読む   希学園は有名国立 ...

中学受験指導の理想型「NOZOMI 2011」

希学園とは?

希学園では中学受験指導のさらなる理想型を目指して、2011年2月より関西圏各教室にて新指導システム「NOZOMI 2011」をスタートさせると発表しました。

希学園の新指導システム「NOZOMI 2011」では、最難関校だけでなく、受験生が希望する受験校すべてに合格するために、コースを大きく3つに分割して希学園オリジナルテキストや授業、時間配分などすべてを再検討し、指導を行うものです。

つまり、「灘中学を目指せ!」というたった1つの掛け声だけでなく、いろいろな中学があるよ、自分にあった中学を目指そうへの転換ともいえます。

浜学園に生徒数と合格実績で圧倒的な差をつけられた今、希学園は「合格率」にこだわっています。「合格率こそが、塾の品質をはかるものさし」だとも言っています。

希学園にとって灘中学を目指す層だけを相手の塾経営はもはや成り立たない。3つの基本コースを新たに設置し、それぞれに異なったカリキュラム、テキスト、授業時間、授業形態を設定し、無理のない、無駄のない中学受験環境の実現。

あなたは度のコースを選択しますか?

3つのコースは、それぞれ
【希学園 Pコース】
対象校:灘、甲陽学院、東大寺学園、洛南高附属(女子)
最難関中合格に向けた無駄のない最善のカリキュラムと指導

【希学園 Cコース】
対象校:大阪星光学院、西大和学園、洛星、六甲、神戸女学院、四天王寺、洛南高附属(男子)、清風南海、白陵、須磨学園
理想を追求した指導方法で確実な学力養成を行い、難関中合格を勝ち取る!

【希学園 Lコース】
対象校:関西学院、関大系列、同志社系列、立命館系列、高槻、清風、明星、神戸海星女子、甲南女子、親和、金蘭千里、大阪桐蔭、帝塚山、その他難関中
無理のない学習リズムで、より着実な学力を身につける!

記事を読む   中学受験指導の理 ...

激動の希学園の2011年

希学園とは?

2009年の新指導体制の移行(前田理事長・黒田学園長・入江副学園長)、2010年は希学園ライトコースの新設、そして浜学園へのテストの盗作と希学園は現在、その生まれ出た性質そのもののを変化させようとしているように見えます。

徹底的な長時間指導、マニアックなほどの難問揃いのテキスト、熱い指導講師などそのコテコテぶりはある者は熱狂させ、ある者は引かせました。希学園は好かれようが嫌われようが、その強烈な光を放ち続けてきました。

その自信を持って放ち続けてきた希学園の光に大きく影を落としたのは、浜学園のテストの盗用でしたが、2010年の新年度から新設した「ライトコース」にこそ、希学園が変化しようとする姿が垣間見えます。

これまである意味では希学園では両極にあった希学園ライトコース。

ライトコースとは、
◆中学・高校で大きく伸ばしてあげたい
◆地元の中学では不安だけれど、あまりハードな受験勉強はさせたくない

などこれまでの希学園ではあまりいわれてこなかった、もっといえばターゲットではなかった層に向けてのクラス新設です。通塾も週2回で1日100分の国算理の3教科。中堅校の進学を目指すクラス。あくまでも灘を中心とする上位難関校を目指し、それらの学校に合わせたカリキュラムをとってきた希学園が「あまりハードな受験勉強はさせたくない」を取りこむようなクラスを新設した。そういう時代がきたということでしょうか。

希学園の「出自」を大きく塗り替えようとするこの試みが成功するのかどうかはこれからを待ちたいと思いますが、あわせて希学園では、このたび「希学園は進学塾の理想を徹底的に追求します」と題した「NOZOMI2011」というプロジェクトを発表しました。

掲げられた項目
◆無理がなく、無駄もない、効率的な学習内容と学習時間は?
◆カリキュラム・テキストを志望校・塾性のレベルに完璧にアジャストさせるためには?
◆競争原理を適性に働かせるためのシステムとは?
◆講師の専門性の高さを保ちつつ、塾性一人一人にきめ細かく対応するには?
◆公開テスト・各種模試の結果をその後の勉強に役立てるには?
◆受験生とその家族にとって納得のいく受験をしていただくためには?

これらはこれまで希学園が求めてきたもの、また他塾であっても同じように追求してきたもののように見えます。

その上で、希学園は、2011年、希学園は「3つのNOZOMIへ」と題して、
P4・・・Nozomi Peak4
C10・・Nozomi Core10
L・・・・Nozomi Light course
を掲げています。

これらが何を指すのかは今のところ、2010年6月現在では外部の者にはわかりませんが、このプロジェクトの概要はまず塾生の保護者を対象に説明会が開かれるようです。

塾生の保護者対象の説明会
5/31(月) 谷九教室
6/1(火) 三宮教室
6/2(水) 四条烏丸教室・八尾教室
6/3(木) 豊中教室
6/4(金) 堺東教室・高槻教室
6/7(月) 学園前教室
6/9(水) プレラホール(西宮北口)
6/10(木) 十三教室

今後は、外部のもの、一般の人を対象とした説明会も実施されるとのこと。

大きく変わろうとする希学園。大きく変わることで希学園が得られるもの、そしてなにかを得たことで今まであった良きものが失われはしないかという懸念。そのあたりはこれからしっかりとみていきたいものです。

いずれにしても希学園は大きく変わろうとしています。

記事を読む   激動の希学園の2011年

希学園小4生対象「ライトコース」募集開始

希学園とは?

希学園が今までとは少し毛色の変わった「ライトコース」を開講します。

希学園は元来、難関中志望者向けの進度で「ベーシックコース」を中心としたカリキュラムで、子供の学力に応じて、学習内容を変えるなどして対応してきましたが、今回新設される希学園「ライトコース」は、「ゆっくりと着実に学習内容の定着を図りながら確実な学習を進める」生徒の学力を伸ばしていこうというクラスです。

希学園「ライトコース」は、現在の「ベーシックコース」のカリキュラムとはまったく別のカリキュラム、別システムで実施されるクラスで、通塾日数や通塾時間も従来のクラスよりは少なくなります。

希学園「ライトコース」の目指す対象校は、関大系列中、同志社系列中、明星中、清風中、大阪女学院中、神戸海星女子学院中、甲南中、甲南女子中などの中堅校で、希学園の関西全10教室で開講します。

今年2010年度は小4を対象に開設し、2011年2月からは小5生を、2012年2月からは小6生を対象のライトコースも順次開講される予定です。

希学園「ライトコース」概要
受講料:月額16,800円 (税込)
受講科目: 3科目セットで、週2日通塾×1日100分
※授業は50分授業で、内訳は、「算数 50分×2回」「国語 50分」「理科 50分」
※各単元の最終回(各単元の4回目)の授業時に前3回分の学習内容の定着度を確認する20分のタームテスト50分授業の中で実施。テスト実施後にテストのポイントを解説があります。

気になる「ライトコース」の宿題の量ですが、宿題は教科や単元によって違いはありますが、授業でテキストの問題の半分くらいは扱い、残りが宿題で宿題にかかる時間を希学園では「授業時間と同じくらいの時間」と設定しています。

希学園「ライトコース」の1週間の授業が全部で合計200分なので、宿題にかかる時間も1週間で200分くらいというのが希学園の見解です。

ただ、宿題は個人差があるので、200分よりも早く終える人、もっと時間がかかる人がいると思います。もし、宿題で200分以上かかるようなら希学園に相談するのがいいでしょう。

希学園が「ライト」なコースを設置ですからやはり時代が変わったというべきなのでしょうね。

記事を読む   希学園小4生対象 ...

希学園のジレンマ

希学園とは?

2009年度春の中学入試において、灘中学校に合格した奈良県の子供は6人。そのうちの3人が希学園の生徒だそうですが、その奈良県に希学園は2008年10月、近鉄学園前教室を開校しました。奈良県の教室は初めてでこれで豊中、奈良と進出したい地域には新たに教室を設置し、関西圏で大阪5教室、兵庫2教室、京都1教室、奈良1教室の計9教室となりました。

希学園としては、教室を多数展開するのではなく、あくまでも都市部に拠点教室を設置し、地域の生徒を一か所に集める展開でしょう。

拠点にきちんと展開している希学園ですが、中学受験専門塾はこれから非常に厳しい戦いを迫られることになります。といいますのも、圧倒的な少子化、および高校入試予備軍である中学生が「高校入試全入時代」を迎えて塾離れを起こしています。

つまり、少子化の打撃に加えて子供の塾離れによる生徒数減少の時代を迎えており、各塾による「少なくなった生徒」の奪い合いが起こっています。その奪い合いは、少子化によって以前よりも小さくなったパイの奪い合い。当然ながら競争は熾烈を極めます。

そのことによって何が起こったか?

「夏期講習の講座選び」についての相談

塾の先生から親は勉強を見ないようにと注意された

記事を読む   希学園のジレンマ

フジTV「エチカの鏡」に前田学園長が出演

希学園とは?

フジテレビ「エチカの鏡 ~ココロにキクテレビ~」で希学園が取り上げられ、前田学園長が熱く語る映像が流れました。

放送は2009年4月19日の日曜日と再放送として5月10日の日曜日にも放映されました。

希学園前田学園長が取り上げられたのは、「エチカの鏡」の超英才教育スペシャルというテーマの1つの特集としてで、題名は「平成の松下村塾 スーパーエリート塾 希学園」でした。

非常に大きな反響があったようで、各種のブログや掲示板で多く取り上げられているようです。

内容の概略は、「かつては合格至上主義に傾いていた前田学園長がエリートといわれる人々の犯罪や汚職の報道を見て、私が育ててきた子供たちがもしかしたら同じように犯罪や汚職をしているのではないか?」そういう疑問にぶち当たって、そこから題名にもなった「スーパーエリートの養成」を強く意識するようになったというものでした。

記事を読む   フジTV「エチカの ...

希学園の文化祭ツアー

希学園とは?

関西系の進学塾が難関私立中学の「文化祭ツアー」に力を入れている。子どものやる気を引き出すのが狙いで、1校に300人を連れて行くところもある。関東系の塾で文化祭に引率する例はほとんどなく、専門家は「そこまでやるか、というのが関西流」と指摘する。

3日、1万人前後が訪れた神戸市東灘区の灘中学・高校の文化祭。小、中学生と保護者の姿が目立つ。派手な光を放つ「化学マジック」、教室一つをそっくり占領した鉄道模型のレイアウト、カメの解剖実験……。教室内での発表が人気を集めていた。

「発想がすごい」。声を上げたのは進学塾「希(のぞみ)学園」(本社・大阪市淀川区)に通う小学6年の中木君。数学研究部の高校1年の部員に部のオリジナル問題の解き方を教わり、感激した様子だった。 やはり6年の荒木君も「全然わからない」と言いながら、生物研究部のクイズに夢中になっていた。

「この『あこがれ』が大事なんです」。引率していた講師の黒田耕平さん(32)はうなずきながら話した。

希学園はこの日、関西一円の教室に通う小学5、6年の塾生約300人を連れてきた。「雰囲気が『行きたい』という気持ちを強くさせる。塾生の志望校の文化祭は可能な限り行く」と入江一郎副学園長。神戸女学院(9月)、大阪星光学院(11月)など関西の中学だけでなく、東京の教室も麻布(5月)や開成(9月)などへ行く。東西合わせて毎年十数の中学の文化祭に引率する。

記事を読む   希学園の文化祭ツアー

受験教材の販売差し止め申請

希学園とは?

受験教材の販売差し止め申請=著作権侵害訴え、谷川俊太郎さんら27人-東京地裁
6月21日 時事通信
 進学塾経営の「希学園」(大阪市)と「SAPIX」がそれぞれ発行している受験教材に勝手に作品を載せられ、著作権を侵害されたとして、詩人の谷川俊太郎さんや作家で精神科医のなだいなださんをはじめとする作家・詩人ら計27人が21日、同学園とSAPIXの経営法人「ジーニアスエデュケーション」(東京都中央区)などを相手に、東京地裁に出版差し止めの仮処分を申し立てた。希学園に対しては、うち13人が約2400万円の損害賠償を求める訴訟を同地裁に起こした。

 申立書や訴状などによると、希学園については、なださんら13人が、同社が塾生に使用させているテキストなどに計16作品を勝手に掲載されたと主張している。
 SAPIXについては、谷川さんら14人が、通信教育用教材などに計22作品を無断で使われたとしている。 

記事を読む   受験教材の販売差し止め申請

関西ナンバーワン進学塾 激戦区関東に“殴り込み” 

希学園とは?

04/10/20 東京新聞
『灘中学合格者数ナンバー1』を看板に、大阪市の進学塾「希(のぞみ)学園」が東京・恵比寿に首都圏初の教室を開いた。「合格まですべて面倒をみる」徹底した生徒との密着感を売りに、関東系進学塾に殴り込みをかけた形だ。しかし東京の保護者はまだ様子見の状況で反応は鈍い。関西流コテコテ指導は東京で受け入れられるのか。 (藤原正樹) 

「首都圏で難関中学突破を目指し大手進学塾に通う児童は、その進学塾の宿題がこなせず、別の個別指導塾に通ったり、家庭教師を付けている例も多い。それでは進学塾として責任を果たしていない。希学園は一カ所で充足する“オールインワン”指導。『合格してナンボ』の関西風したたかさが東京でも成功することを証明したい」 

希学園の前田卓郎学園長(56)はこう挑戦状を突きつける。 

希学園のキャッチフレーズは「難関中学合格のための高級ブランド店」だ。関西の名門塾「浜学園」から分裂し一九九二年に開塾した希学園は、翌年から灘、甲陽学院など関西の有名私立中を席巻。今年も灘中(定員百八十人)に六十九人と進学塾最多の合格者を出し、週刊誌の「中学進学率『合格力』ランキング」では二年連続で全国一位と評価された。現在、関西七教室で約二千三百人の生徒を抱える。 

快進撃の中心になっているのが算数講師歴三十六年の前田学園長だ。

記事を読む   関西ナンバーワン ...

PAGE TOP