2008[首都圏] 冬期講習

講習会

冬期講習期間:12月23日から1月6日
実施教室:目黒・たまプラーザ

小3
国・算 講義(80分)+※確認テスト(20分)+確認テスト自己採点(5分)+解説(15分)
=120分×各3回
受講料23,100円(税込)  教材代 1月公開テスト1,260円(税込)  テスト受験料 2,100円(税込)

クラス編成:S1、S2、H1

受講資格:特に設定なし。誰でも受講できます。

小4:
国・算・理・社 講義(90分)+※復習テスト(45分)+自習(45分)=180分×各2回
受講料33,600円(税込)  教材費3,360円(税込)
テスト代2科目…2,100円(税込) 4科目…4,200円(税込)

クラス編成:SO、S1、S2、H1

受講資格:特に設定なし。誰でも受講できます。
※ただし、小4生最上位の「SOクラス」の受講につきましては、11月または12月の公開テストおよび11月10日(月)以降に随時実施する特別入塾テストのいずれかで、SOクラスの合格判定を受ける必要があります。

小5:
国・算・理・社 講義(90分)+※復習テスト(45分)+自習(45分)=180分×各2回
受講料33,600円(税込) テキスト代3,360円(税込)

※復習テスト…1回目は実力テスト、2回目以降は前回の授業内容をふまえた復習テストです。成績処理を行います。

受講資格:11月または12月の公開テスト、および11月10日(月)以降に随時実施する特別入塾テストのいずれかを受験して、受講資格を得てください。

記事を読む   2008[首都圏] 冬期講習

2008希学園イベントニュース

希ニュース

◆[首都圏] 
8/13・1/3  プレ駒場東邦中入試・プレ女子学院中入試を実施
7/6(日)・12(土)・19(土)・20(日)  小3・小4国語体験講座を実施
6/14(土)・6/22(日) 学園長 前田卓郎による教育講演会を開催

◆[関西圏]
10/09 小6プレ洛南高附属中入試・プレ東大寺学園中入試および算数解説講座を実施
9/16 10/22に学園前教室開校記念の教育講演会を開催
6/10(火) 希学園学園長 前田卓郎による教育講演会を開催
5/14   希学園主催 有名私立中学教育講演会を開催
5/7   講演会「難関中合格に向けての勉強法」開催
5/5   小6 第1回神女・四天合否判定テストおよび算数解説講座
4/27 小6 灘中絶対合格のための必須アイテムチェックを実施
2/11 新小3~新小6保護者対象 2008年春 入試実績報告会を実施
2/11  灘中入試分析会を実施

記事を読む   2008希学園イベントニュース

2008[関西地区] 冬期講習

講習会

冬期講習期間:12月23日から1月6日

実施教室:
十三・ 四条烏丸・学園前・谷九・堺東・三宮・西宮北口(南館)・豊中

小3
国・算・理 講義(80分)+※1確認テスト(+自己採点+解説)(40分)=120分×各2回
受講料23,100円(税込)  教材代 1月公開テスト1,260円(税込)  テスト受験料 2,100円(税込)

クラス編成:灘プレミアム(要資格)、S1、S2、H1

受講資格:特に設定なし。誰でも受講できます。
※ただし、小3生最上位の「灘プレミアムクラス」の受講につきましては、9月~12月の公開テストで2科総合100位以内の成績を取られた方等、条件があります。

小4:
国・算 講義(90分)+※1復習テスト(45分)+自習(45分)=180分×各3回
理 講義(90分)+※1復習テスト(45分)+自習(45分)=180分×  2回
受講料35,700円(税込)  教材費3,360円(税込)  テスト受験代4,200円(税込)

クラス編成:灘プレミアム(要資格)、S1、S2、S3(谷九・西北のみ設置)、H1

受講資格:特に設定なし。誰でも受講できます。
※ただし、小4生最上位の「灘プレミアムクラス」の受講は、11月または12月の公開テストおよび11月10日(月)以降に随時実施する特別入塾テストのいずれかで、灘プレミアムクラスの合格判定を受ける必要があります。

小5:
国・算・理 講義(90分)+※復習テスト(45分)+自習(45分)=180分×各3回
受講料35,700円(税込)  テキスト代3,780円(税込)

※復習テスト…1回目は実力テスト、2回目以降は前回の授業内容をふまえた復習テストです。
成績処理を行います。

受講資格:11月または12月の公開テスト、および11月10日(月)以降に随時実施する特別入塾テストのいずれかを受験して、受講資格を得てください。

記事を読む   2008[関西地区] 冬期講習

2008年8月 プレ模試開催

希ニュース

2008年 8月13日 実施 首都圏
プレ開成中入試 3回 4科目(国・算・理・社)
プレ桜蔭中入試 3回 4科目(国・算・理・社)
プレ麻布中入試 2回 4科目(国・算・理・社)
プレ駒場東邦中入試 2回 4科目(国・算・理・社)
プレ女子学院中入試 2回 4科目(国・算・理・社)

実施教室: 目黒教室、たまプラーザ教室
受験料: 6300円(本体価格6000円+消費税300円)

2008年 8月14・15日 実施 関西
プレ灘中入試
小6プレ甲陽学院中入試

実施教室: 十三本部教室
受験科目: 3科目 ( 国語I・II、算数I・II、理科 )
受験料 6300円(本体価格6000円+消費税300円)

記事を読む   2008年8月 プレ模試開催

小6 洛南・神女・四天 2008合否判定テスト実施

希ニュース

希学園では、小6女子を対象に、「洛南・神女・四天」 志望者に向けて特化した内容での合否判定テストを実施します。

このテストは、塾生以外の子供も受験が可能です。

模試概要

対象:小6生女子
日時 : 8月14日(木)  9:50から14:20または15:30
実施教室 : 十三本部教室

時間割 :
9:50  集合
10:00~10:50  国語テスト
11:00~11:50  算数テスト
12:00~12:50  理科テスト
12:50~13:20  昼食
13:20~13:30  待機
13:30~14:20  社会テスト
14:30~15:30  算数解説講座(選択受講可)

費用 : 洛南・神女・四天 合否判定テスト 受験料  4,200円(税込)
算数解説講座 受講料  1,050円(税込)

申し込み : 十三本部教室へ電話で申し込み(予約制)

記事を読む   小6 洛南・神女・ ...

希学園の文化祭ツアー

希学園とは?

関西系の進学塾が難関私立中学の「文化祭ツアー」に力を入れている。子どものやる気を引き出すのが狙いで、1校に300人を連れて行くところもある。関東系の塾で文化祭に引率する例はほとんどなく、専門家は「そこまでやるか、というのが関西流」と指摘する。

3日、1万人前後が訪れた神戸市東灘区の灘中学・高校の文化祭。小、中学生と保護者の姿が目立つ。派手な光を放つ「化学マジック」、教室一つをそっくり占領した鉄道模型のレイアウト、カメの解剖実験……。教室内での発表が人気を集めていた。

「発想がすごい」。声を上げたのは進学塾「希(のぞみ)学園」(本社・大阪市淀川区)に通う小学6年の中木君。数学研究部の高校1年の部員に部のオリジナル問題の解き方を教わり、感激した様子だった。 やはり6年の荒木君も「全然わからない」と言いながら、生物研究部のクイズに夢中になっていた。

「この『あこがれ』が大事なんです」。引率していた講師の黒田耕平さん(32)はうなずきながら話した。

希学園はこの日、関西一円の教室に通う小学5、6年の塾生約300人を連れてきた。「雰囲気が『行きたい』という気持ちを強くさせる。塾生の志望校の文化祭は可能な限り行く」と入江一郎副学園長。神戸女学院(9月)、大阪星光学院(11月)など関西の中学だけでなく、東京の教室も麻布(5月)や開成(9月)などへ行く。東西合わせて毎年十数の中学の文化祭に引率する。

記事を読む   希学園の文化祭ツアー

希学園2008年春 関西圏中学入試の主な合格実績速報

合格実績

希学園2008年関西圏の主な合格実績速報(2008年1月28日判明分)

※合格率は「希学園合格者数」÷「希学園受験者数」

灘中 51名 合格率51.0%
甲陽学院 56名 合格率81.2%
洛南高校附属中 80名 合格率54.8%
東大寺学園中 57名 合格率45.6%
大阪星光学院中 59名 合格率73.8%
神戸女学院 33名 合格率84.6%
四天王寺中 69名 合格率82.1%
西大和学園中 81名 合格率53.6%
清風南海中 98名 合格率78.4%
洛星中 27名 合格率50.9%
高槻中 52名 合格率73.2%
函館ラ・サール 合格率131名 87.3%
愛光中 10名 合格率100%

記事を読む   希学園2008年春  ...

希学園2008年春 首都圏中学入試の主な合格実績速報

合格実績

希学園2008年春 首都圏中学入試の主な合格実績速報(2008年1月27日判明分)

※合格率は「希学園合格者数」÷「希学園受験者数」

渋谷教育学園幕張中 9名 合格率56.3%
浦和明の星女子中 7名 合格率87.5%
栄東中 27名 合格率65.9%
東邦大附属中 5名 合格率71.4%
市川中 11名 合格率55.0%
立教新座中 5名 合格率71.4%
専修大松戸中 8名 合格率100%

西大和学園中 4名 合格率57.1%
函館ラ・サール中 8名 合格率100%
土佐塾中 17名 合格率89.5%
秀光中等教育学校 9名 合格率90%

記事を読む   希学園2008年春  ...

希学園が豊中に新規教室開設

教室の所在地

希学園は10月に念願の豊中地区に進出をしました。小3と小4のクラスのみの設置ですが、浜学園や成基学園、日能研などの大手がひしめく激戦地区への進出で豊中地区は俄然注目を集めることでしょう。

首都圏と違って関西圏は学年によって転塾をあらかじめ決めて通塾する人が多くいます。また、浜学園と希学園の両方に籍を置きながら、受験を目指す人などリアリスティックな選択を積極的に行う層が関西圏には存在します。そういう方々にとっては、希学園の進出は待ってましたということになるでしょう。

この最近、希学園の合格実績が日能研や浜学園に比べて落ちているのは気がかりですが、名物学園長の前田先生も豊中校新設記念の講演会では豊中校で授業を担当するとおっしゃったとか。それくらい力が入っているということでしょう。

希学園が進出したことで実は関西圏での塾の序列が決定的になることも考えられます。この激戦区豊中地区での勝敗が特に希学園にとっては経営を左右する可能性もあります。首都圏で当初の予定よりもかなりの苦戦を強いられている希学園。副学園長の独立などで揺れる希学園。すぐに結果は出ませんが、3年で一定の結果は見えてきます。

希学園にとっては関が原の戦いとなるでしょう。ただこうした窮地で力を発揮してきたのが今までの希学園でしたので、危機感がある希学園にもまだまだ余力があると期待したい。そんな思いで希学園の豊中進出を見ています。

希学園豊中校:対象が小3生と小4生で11月1日より授業開始
希学園豊中校最寄り駅 :阪急豊中駅南改札口。
住所:〒560-0021 豊中市本町1丁目11-1 豊中本町ビル(事務所4階)
電話番号: 06-6152-0012
窓口受付時間: 10:30~20:30
電話受付時間 :【10月中】 10:30~20:30   【11月~】 10:30~22:00

キープ制度があります。
※キープ制度とは、2008年度新学年開講時より受講を希望する人は、2007年8月以降(小2生は9月以降)の公開テストを受けて、入塾資格を得てください。入塾手続きをすまされますと、2008年2月開講時までキープ生として入塾資格を保有するとともに、2008年1月までに受けた公開テストで判定されたクラスのうち、最上位クラスで受講を開始することができます。

新小3キープ生の特典
◆2008年1月までの公開テスト受験料が無料
◆2008年1月までに受けた公開テストで判定されたクラスのうち、最上位クラスで受講を開始することが
できます。

新小4キープ生の特典
◆2008年1月までに受けた公開テストで判定されたクラスのうち、最上位クラスで受講を開始することができます。
◆漢字練習帳・計算練習帳が毎月もらえます。

 

記事を読む   希学園が豊中に新規教室開設

希学園の学習システム

学習システム

希学園の授業は、オリジナルテキストを使用し、このテキストを使用すれば、他の教材はいらないと塾側も豪語するほどテキストには自信を見せる。専任講師を重視している塾らしい自負である。

授業は繰り返しの学習に重点をおき、徹底した復習主義のスタイル
で、小4・小5・小6と、学年を追うごとに内容を深めていくカリキュラムが設定されています。

各学年ともに入塾時に、学習単元と使用テキスト範囲が明示された一年間の学習計画表が配布されます。

授業は、学習計画表をもとに実施され、毎回、宿題プリントが課せられます。

宿題プリントは、課された1週間分の宿題を解いて、翌週に提出、宿題プリントは、講師がチェックしてきちんと勉強できているかどうかを確認し、講師のコメントを添えて返却される。

そして、1週間ごとに行われる復習テストで、その学習の成果を確認します。

さらに、毎月、公開テストが実施されます。

このように、「授業→宿題プリント→確認テスト→復習テスト→公開テスト」の循環によって、繰り返し取り組むことで定着をはかるのが希学園の最大の特徴、システムと言えるでしょう。

それ以外に、実力判定テスト・志望校判定テスト・合否判定テストなどがあります。

成績表は、1ヶ月の復習テストと公開テストの総合成績が報告されます。この成績表によって、クラス内での教科別成績、総合順位及び同一学年の全塾生中での順位がわかります。

希学園では、競争原理を最大限に機能させるため、学力別クラス編成を行っており、当然ながら、これら成績によって、毎月クラスは変動する。

また、その日の授業の内容でわからないことがあれば、授業終了後居残り自習室が開設され、教室にはその日の担当講師がいて、自習室を管理、その日の宿題を中心とした自習ができるようになっています。

復習方式の勉強方法としての居残り自習室の利用は学力の定着を図るために、希学園が胸を張るシステムであり、塾に長時間滞在する子供が多いのは、このシステムのためでしょう。

親にとっては、面倒見が良いと評判の一方で、実際は、この自習室での復習ができていない子供も多いという声も聞かれます。

親は、塾への長時間滞在=勉強(復習)という図式が純粋に成り立つのは、トップクラスの子供たちであるという認識が必要で、毎月報告される成績表を見て、塾の拘束時間と成績の関連を気をつけておく必要があるでしょう

面倒見が良いシステムを採用しているがゆえに、子供を塾へ丸投げすると、その辺りの部分は親に見えにくくなっており、合わせて塾側とも意思疎通をしておかなければ、志望校対策講座やその他の選択講座でも、講座の取捨選択ができず、チューターの言われるがままの講座を受講し、学習の成果が得られない事態も十分考えられる。

しかし、これは塾側の問題ではなく、家庭の責任や役割として求められるものであろう。

記事を読む   希学園の学習システム

PAGE TOP